mesu

 

ワキガ手術の費用ですが、病院や手術方法
さらに症状の程度や保険の適用などで相場はかなり変わります。

目安としては30万から50万程度です。
ワキガ手術の方法には以下のものがあります。

 

 

剪除法(せんじょほう)

医師が直接目で見て行う(直視下手術法)ので確実とされていますが、
腋の下を3〜5センチ切開するので傷跡の心配があります。

片側15分〜20分で終わり、入院は不要です。

傷はガーゼで止めます。費用は15万程度です。

 

医師が直接目で見るのではなく機械を使って行う(非直視下手術法)為、
アポクリン腺が残る可能性があります。

具体的には腋の下を1センチほど切開し、そこからカニューレ(管)を入れ、
アポクリン腺を吸引します。

傷は残りにくいです。非直視下手術法には次のものがあります。

 

 

皮下組織吸引法

皮下組織ごとアポクリン腺を除去します。

専用の機械を使用する為、医師の高い技術が必要になります。

また、術後1週間ほど脇を固定する必要があります。
費用は20万〜40万程度です。

 

 

超音波吸引法

超音波の熱でアポクリン腺を壊しながら吸引します。

皮下組織吸引法をベースにしたものでより高い効果が期待出来ます。
費用は18万〜30万程度です。

手術が1回で済めばいいですが、アポクリン腺は再生力が非常に高いです。
少しでも残ってしまうとワキガが再発する可能性があります。

再手術をする場合ですが、術後は肌が硬くなりやすく、
手術は困難なものになってしまいます。

 

手術方法とその費用の他に、高い医療技術を持つ医師がいるかどうか等を
考慮して病院を選ぶと良いでしょう。

 

 

それでもやはり手術は怖い…

ワキガ手術の費用について紹介しましたが、
まず第一に費用が高いですよね…

それで私は心が折れました(>_<)

 

次に何と言っても手術が怖い!!

 

いくら名医と言われる人にかかったとしても
あの手術の恐怖はどうも慣れません…

 

ワキガ手術に限らずできることなら一生病院にはかかりたくないものです。

 

というわけで私は手術を断念して他の方法を探すことに。

結果、ワキガクリームでどこまでケアできるか?

というのに落ち着きました。

 

その様子をレポートしてますので良かったらご覧ください。

 

⇒ その効果はどこまで本物!?ワキガクリームを使ってみた!